増田セバスチャン衝撃の自伝「家系図カッター」1/26(水)発売決定!!現在第1章公開中☆

  • 2011.01.04 Tuesday
  • 12:25
6%DOKIDOKIディレクター・
増田セバスチャン初の著書であり、
衝撃の自伝「家系図カッター」が
1/26(水)発売決定しました!!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【前書きと第一章】web上で公開中!
http://www.spoon01.com/editors/etc.html
Twitterにて皆様の感想&セバスさんコメント公開中!
ハッシュタグ:#kakeizu_c

(ツイートの最後に「 #kakeizu_c 」をコピペして発言下さい◎
前後に半角スペースを入れるのをお忘れなく…!)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



『家計図カッター』 増田セバスチャン 著
2011年1月26日発売予定 予価1300円(税込)
発行:プレビジョン 発売:角川グループパブリッシング


『子供は作らない。
 それは自分の血を複製したくないからだ。
 子供を作ると自分の問題が子供にトレース
 されてしまう。
 だったら、自分は自分の家系図をここで
 断ち切るという前提で生きる。』(前書きより)


「自伝?ショップオーナーの成功への道?」
「最近流行ってる”自伝的小説”?」

おそらく、この前書きを読めば、そうではないことがおわかり頂けると思います。
著者・増田セバスチャン × 責任編集・「spoon.」編集長 斉藤氏という強力タッグで実現された、まさに「2011年最初の衝撃」の一冊。

これは、言うならば
増田セバスチャンを主人公にした「ノンフィクションの実録ヴィジュアルショー」!
なのです!

6%DOKIDOKIは誰とどうやって作られたのか?
失われた90年代の原宿の実際の風景とは?
舞台表現・ヴィジュアルショーとは何だったのか?
何故「色」と「衝撃」にこだわるのか?
そもそも、「増田セバスチャン」とは…?
その裏にあった、もうひとつの現実とは?
そしてタイトルにある「家系図カッター」とは?


増田セバスチャンがかきおろした衝撃的かつ感動的な80年代〜2010年の「松戸⇔原宿」超・個人的年代記。
その壮絶なエピソードの数々を、独特のリズムでポップかつカラフルに、さわやかに描く、まさに映画のような一冊です!!
そしてこの「家系図カッター」という生き方は、いま社会でおこっている悲惨な事件の再発を防ぐための、”生きるヒント”になるかもしれません…


そして!
さらにNEWS!!!!!


一人でも多くの方にこの本のオンリーワンの魅力に触れていただければと思い、この本の【前書きと第一章】をいち早くweb上でも公開!!
http://www.spoon01.com/editors/etc.html

是非とも心してご覧頂ければと思います…!
そして公開されている第1章の後は……
後半になるにつれ、ただの回顧録では収まらない、DOKIDOKERS必見のジェットコースターのような展開になっていきます…
お楽しみはこれからデス…☆


追加情報は随時更新します!ので、チェックよろしくおねがいします♪

☆Sebastian’s STAFF☆

archives

search this site.